ジョン・ヘンリー・ニューマン讃歌「導きたまえ、やさしい光よ」

Lead, Kindly Light

Lead, Kindly Light, amidst th'encircling gloom,

Lead Thou me on!

The night is dark, and I am far from home,

Lead Thou me on!

Keep Thou my feet; I do not ask to see

The distant scene; one step enough for me.

 

I was not ever thus, nor prayed that Thou

Shouldst lead me on;

I loved to choose and see my path; but now

Lead Thou me on!

I loved the garish day, and, spite of fears,

Pride ruled my will. Remember not past years!

 

So long Thy power hath blest me, sure it still

Will lead me on.

O'er moor and fen, o'er crag and torrent, till

The night is gone,

And with the morn those angel faces smile,

Which I have loved long since, and lost awhile!

 

Meantime, along the narrow rugged path, Thyself hast trod,

Lead, Saviour, lead me home in childlike faith,

Home to my God.

To rest forever after earthly strife

In the calm light of everlasting life.

導きたまえ、やさしい光よ

導きたまえ、やさしい光よ、私を囲む暗やみの中で
先へ導きたまえ
夜は暗く、家路は遠い
先へ導きたまえ
この足を支えたまえ、私が見たいのは
遠くのものじゃない。私には一歩で十分
 
こんな感じははじめて。これまでは祈りもしなかった
あなたが私を先へ導いてくださるようにとは
私の道を選び見つけることを好んだが、今は
あなたが私を先へ導きたまえ
日差しの強い昼を好み、不安を感じても
自負に動かされた。過ぎ去った年月を忘れたまえ

 

これまでずっとあなたの力が私を祝福した、そう、
これからも私を導いてくださる
荒れ野と沼地、岩山と急流を抜けて
夜が明けるまで
朝が来ると、天使の顔がほほえみかける
ずっと前は大好きでしばらく見失っていた天使の顔が

 

そのあいだ、狭いでこぼこ道に沿って
あなた自身が歩いてくださった
家まで導きたまえ、救い主よ、幼子のように信頼する私を
家まで、私の神のもとに 
地上の戦いのあと、とわに安らうために 
永遠の命の穏やかな光のうちに
(私訳)

 


Since 14 Sep 2013