今週の聖句と黙想

2019年

4月

21日

復活の主日

そこで、ペトロとそのもう一人の弟子は、外に出て墓へ行った。(ヨハネ20・3)

ウジェーヌ・ビュルナン「ヨハネとペトロは復活の朝に墓に急ぐ」、1898年、オルセー美術館所蔵
ウジェーヌ・ビュルナン「ヨハネとペトロは復活の朝に墓に急ぐ」、1898年、オルセー美術館所蔵
 キリスト者として心を整える長い四旬節と聖週間の後、50日間に及ぶ長い復活節が始まる。それは復活したイエスとともにいる期間である。いつものように教会は私たちのために聖書の豊富な箇所を選んで用意する。それによって、また私たちの心にあることによって私たちは、イエスが復活して生きているとはどういうことか、復活したイエスが私たちの生活にどんな役割を果たしているかを悟ることができる。
 今年の復活節第一主日の福音書はヨハネ福音書の箇所。ヨハネは「復活」という言葉をあまり使わないが、復活したイエスについて他の福音書の倍ぐらい書く。復活の後にイエスが弟子たちの中に生きていることを中心にした他の福音記者と違って、ヨハネが強く出すのは死に打ち勝ったキリスト、十字架上で神の栄光を顕し父なる神の本当の子として天に上るキリストである。それはヨハネ福音書の最初のページから繰り返し出てくるテーマである。
 今日の箇所を含む20章には4つのエピソードがある。ペトロともう一人の弟子、マグダラのマリア、弟子たち、そして最後はトマス。この4つのエピソードによってヨハネは復活したイエスのしるしを示し、復活したイエスに出会うように私たちをも導こうとしている。十字架の大きな苦しみ、その挫折とスキャンダルの後に、生きているイエスを発見するにはどうすればいいかを教えてくれているのだ。
 今日の箇所は旧約聖書へのさまざまな示唆が含まれる神学的な物語であり難しいが、同時にそこからいろんな結論が出て来るすばらしい物語である。「朝早く」――他の福音書ではそうとだけあり、曙を意味するが、ヨハネ福音書では「まだ暗いうちに」とあり、夜を意味する。夜のうちに探し求めるとは雅歌の花嫁を思い出させる。花婿を見失い、絶望して、花婿を探す花嫁(雅歌3・1-3)。まだしるしは何もない。まだ信仰の目が開かれていない。マグダラのマリアは石がとりのけられているのを見て、誰かが盗んでしまったと思うほどだ。
 彼女は「走って行って」、ペトロとイエスが愛していたもう一人の弟子に知らせる。聖書学者が強調する、急いで走ることは、初代教会の時代も、そしてこんにちも、イエスのしるしを探し求めることを思い起こさせる。イエスを探し求める教会の態度はさまざまである。マリアのような愛情を込めた態度、ヨハネのように神秘主義的直観的な態度、ペトロのように鈍感で遅く確認する態度。ただいっしょに走る。みんながイエスについて悟ったことを教会の中でお互いに分かち合いコミュニケーションをとって、それぞれのカリスマによってお互いに助け合うことが大切だと今日の箇所は教えている。
 「イエスの愛しておられたもう一人の弟子」。それはヨハネだと100年後の教父たちは言ったが、当のヨハネ福音書には名前が挙げられていない。イエスが愛した弟子とは本当の弟子のこと。だから、それは私たちでもありうると聖書学者は言う。最後の晩餐の時にユダの裏切りに気づき、ペトロが否認しても十字架の下までイエスのそばに残り、母を引き取る。今日の箇所でも次の21章のティベリアス湖でもペトロより先にイエスに気づく。イエスに出会うときに迷いなしについていき、寝ることも忘れ、イエスの敵もわかるほどイエスを愛し、そして必要なときに命を捧げる。私たち自身もそうであるように勧められている。
 9節の印象的な言葉「聖書の言葉を、二人はまだ理解していなかった」には大切な示唆がある。イエスはどこに行ってしまったかと教会が迷うとき、大切なのは聖書である。ヨハネ福音書が書かれた時代は、イエスの生き証人たちの時代が終わったあと、イエスに直接に会った人がいない時代。私たちの時代もそうである。けれども、聖書がイエスを見分けるための大きな力になる。だから、私たちも聖書を愛して、聖書の言葉を黙想したり祈ったりする道を今日の福音書は強く思い起こしてくれる。

2016年の黙想の再掲載。

過去の黙想はこちら

2019年の黙想はこちら

トピック

2019年

4月

16日

パリ・ノートルダム大聖堂

 復活祭を前に、信じられないことが起こりました。日本でも各種メディアで報道されていますが、パリのノートルダム大聖堂の火災です。修復中の事故のようですが、専門家によると、こういう古い建築物の修復は危険が伴うとのこと。再建のために、すでに寄付の申し出があり、京都でも金閣寺の住職が仏教会も協力したいと述べているようです。

 動画は、本日4月16日92歳の誕生日を迎えたベネディクト16世の2008年の訪問時のもの。ノートルダム大聖堂の内外の様子を見ることができます。

 画像は、消防隊のチャプレンであるフルニエ神父が消失から救った聖遺物の茨の冠。フルニエ神父は、もう2つの聖遺物(イエスのかけられた十字架の一部と使われた釘の1本)と聖体も運び出しました。詳しくはこちら(英語)をご覧下さい。

2019年

4月

13日

2800人以上の洗礼志願者@香港

 ミラノ外国宣教会(PIME)の通信社アジア・ニュースによると、香港教区では今年の復活祭に2800人以上の人が洗礼を受けます。そのほとんどは成人洗礼で、その多くは高い教育を受けた人のようです。洗礼志願者はそれまで、無宗教だったか、伝統的な先祖崇拝を行なってきたかのどちらかですが、それでは人生の意味を見つけることができなかったようです。そして、家族や友人の導き、あるいはインターネットの情報によってキリスト教の使信とカトリックの信仰に行き着き、1年半から2年に至る準備期間を経て、この四旬節の第3、4、5主日に「洗礼志願者のための典礼」に与ったそう。ミラノ外国宣教会の現地の責任者は、このような人たちの受洗によって現地の教会が活性化されるだろうと述べています。
 教会についてネガティブなニュースも多い近頃、このようなニュースによって私たちも心励まされるところです。聖週間を迎え、復活祭に洗礼を受ける人たちに心を合わせて祈りたいです。

過去のトピックはこちら

今後の主な予定

4月18日(木) 19:30〜

聖木曜日ミサ

4月19日(金) 19:30〜

聖金曜日典礼

4月20日(土) 19:30〜

聖なる復活徹夜祭ミサ

(19:15~ ろうそく行列)

4月21日(日) 10:00〜

主の復活ミサ

(ミサ後パーティ)

5月12日(日) 15:30~(開場15:00~)

第35回聖ヴィアトール教会コンサート

平井元喜ピアノコンサート

一般2000円、70歳以上学生1000円(収益は教育活動や被災地復興支援に充てられます)

日時変更とお休み

事務室の在室時間は現在のところ以下の通りです。なるべくこの時間帯に来室・連絡下さい

 

月・火・水、金 10:00~12:00

 

*変更の可能性があるため、来室の際には電話(075―724―6623)で確認願います。

聖体顕示は金曜日18:30〜19:00となっています。

京都カトリック青年センターより

カトリック教会のニュース

3月教皇ビデオメッセージ

日本語訳はこちらをご覧ください。

パパ様、11月に来日予定!


お知らせ

過去のイベント報告はこちら

教会を会場として行われるイベントの紹介

Since 14 Sep 2013