今週の聖句と黙想

2019年

6月

09日

聖霊降臨の主日

しかし、その方、すなわち、真理の霊が来ると、あなたがたを導いて真理をことごとく悟らせる。(ヨハネ16・13)

エル・グレコ「聖霊降臨」、1604-14年頃、プラド美術館所蔵
エル・グレコ「聖霊降臨」、1604-14年頃、プラド美術館所蔵

聖霊降臨の主日についてはこちら、この日の福音についてはこちらこちらを参照下さい。

過去の黙想はこちら

2019年の黙想はこちら

トピック

2019年

5月

18日

ブルキナファソの信者のために

 多くの犠牲者が出たスリランカだけではなく、アフリカでもこのところテロのためにキリスト教徒が亡くなっています。アフリカ西部ブルキナファソでは、12日の復活節第4主日のミサで司祭1名と信者5名、翌13日も聖母行列で4名が殺害された模様です。12日に亡くなったシメオン・ヤンパ(Simeon Yampa)神父様は5年前に司祭に叙階された34歳の若い神父様で、その教会の主任司祭であるとともに、諸宗教対話を担当していました。

 上のツィッターの画像で神父様が着ているシャツに印刷されているのは、2005年に列福されたシャルル・ド・フーコー司祭の写真と彼の有名な言葉です。

 L'Amour de Dieu, l'amour des hommes c'est toute ma vie, ce sera toute ma vie, je l'espere.(神を愛し人を愛することが私の人生のすべてです。これからもそうでしょう。そうあってほしいです)

 ヤムパ神父様も殉教者として認められるかもしれません。

 ブルキナファソは当教会の司牧を担当する聖ヴィアトール会の学校もあります。当教会の主任司祭もブルキナファソの出身です。ブルキナファソの信者のために祈りましょう。

過去のトピックはこちら

今後の主な予定

6月23日(日) ミサ後

次期役員選挙

7月14日(日)〜15日(月)

洛北ブロック小中学生夏季学校

8月5日(月)〜7日(水

京都教区中学生広島巡礼

(申込〆切は6月15日)

日時変更とお休み

事務室の在室時間は現在のところ以下の通りです。なるべくこの時間帯に来室・連絡下さい

 

月・火・水、金 10:00~12:00

 

*変更の可能性があるため、来室の際には電話(075―724―6623)で確認願います。

聖体顕示は金曜日18:30〜19:00となっています。

京都カトリック青年センターより

カトリック教会のニュース

スリランカとノートルダム大聖堂のための募金

当教会エントランスにもテロ被害援助の募金箱を設置しています。

世界広報の日教皇メッセージ

パパ様、11月に来日予定!

画像リンク先は日テレNEWS24
画像リンク先は日テレNEWS24

お知らせ

過去のイベント報告はこちら

教会を会場として行われるイベントの紹介